« われらの兄さん | トップページ | マテマテマティックス »

ごえもん

今日は何気に楽しみにしていた、紀里谷和明(宇多田ヒカルの元夫)監督の
                      

GOEMON観に行ってきました。前作のCASSHERNに続くキリヤ映画。

                      

安土桃山時代の、秀吉が天下を治めていた時の話っぽい話。

                      
最後の関ヶ原の戦いっぽい戦いはもはやスターウォーズでした。

                      
大沢たかおがめちゃくちゃかっこよかった…

私は!私は!ストーリーは置いといて面白かったと思います(゜∇゜)

                      
イチオシはチェ・ホンマンです。                       

オリジナル要素が多すぎて、別に歴史になぞらえる必要はなかったのでは?

                      

という自分らの見解です。

CGを駆使したアクションとか、音楽とか演出が良かったです。

                      

ハリウッド映画化された忠犬ハチ公の映画のHACHIの予告が気になりました。


                      
ハチ〜

|

« われらの兄さん | トップページ | マテマテマティックス »

コメント

こら!!
60歳のラブレター忘れちゃダメでしょ!!
面白かったよ!!
きりやさんファンだし(・∀・)heart

投稿: ぶー | 2009年5月 6日 (水) 23時12分

しのぶー>>

60歳のラブレター!!主演がイッセー尾形だったら見に行くかも!爆

いつまでも美しく輝いてミラーは欲しい。

嘘だ~めちゃダメ出ししてたじゃない!(≧∇≦)


CASSHERN見てかなりハードル下げていったから楽しめたよ(`∇´)

投稿: なごや | 2009年5月 9日 (土) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« われらの兄さん | トップページ | マテマテマティックス »